門やフェンスは今どんなものが主流?外構づくりのポイント

こんにちは、ネクストホームです^^

今回は外構(家の外の部分)のうち、門やフェンスについてのご紹介です。

時代によって流行が変わっていく門やフェンスですが、今はどんなものが主流なのでしょうか?

 

門・フェンスの最近の傾向

 

昔は家の周りを塀でぐるっと囲むのを好む方が多かったですが、最近は囲むよりも地域との繋がりを重視している印象です。ブロック積みやフェンスを設置しても、完全に囲ってしまうパターンは少ないです。化粧ブロックという飾りのあるブロックを積み、その上に木目調洋風のフェンスを設置する場合もあります。門扉をつける方は2割いるかどうかで、しっかりしたアルミや鋳物で作った、両開きの門扉は減っています。

 

車の有無が重要なポイント

 

門扉よりカーポートやガレージにお金をかける方も多いです。土地によっては狭い範囲に車を何台も停めなければいけない場合があります。門扉はつけず、余計に何台か停められるようにする、ポスト付きの門柱を一本どんと建てる、フェンスはあったとしても家の横や後ろに、道路に面したところは車が出入りするので囲わない、というような工夫をしています。

 

内装だけでなく、外構についてもネクストホームはトータルでご提案が可能です。ご質問などあれば『お問い合わせ』からお気軽にどうぞ^^

 

アーカイブ
TEL

Copyrights(c) 2020 NEXT HOME.All Rights Reserved