構  造

Structure

構 造

Structure

レンガの家の構造

レンガだけではありません。ネクストホームの構造躯体は、阪神大震災でも強さが証明されたツーバイフォー。

​柱や梁など「線」で支える従来の木造建築「木造軸組工法(在来工法)」と比べ、ツーバイフォー工法は地震の力をバランスよく分散させる六面体構造(箱構造)。

地震の力を1点に集中させず、家全体にバランスよく分散させ、建物の変形や崩壊を防ぎます。

​※レンガの家の構造をテクノストラクチャーにすることも可能です。

「面」で支える「六面体構造」

「線」で支える「木造軸組工法」

ツーバイフォーとは

木造建築の工法である「木造枠組壁工法」のひとつです。使われるランバー材のサイズが「2インチ×4インチ」であることから、ツーバイフォー工法と呼ばれます。このランバー材を基本として壁や屋根、天井などを構成し箱状の構造で家を作ります。床材に関しては、寸法に応じて2×6、2×10材など形状に応じた組み合わせで構造を構成することで、安全で自由度のある間取りが実現できます。

柱や梁など「線」で建物を支える従来の木造建築「木造軸組工法(在来工法)」と比べ、「面」で支える分、耐震性が高くなるのです。

Wウォール工法

ツーバイフォーやテクノストラクチャーなどの構造部分と、レンガ積み外壁が二重構造となる工法のことをWウォール工法と言います。

ネクストホームのレンガの家は、レンガの外壁の中に縦横に鉄筋を入れています。地震でレンガの外壁が揺れたとしても、家を支える構造部分との間に3センチの空気層があり、レンガは鉄筋が縦横に入り崩れ防止をした上で自立しているため、外壁の揺れが構造部分に響くのを最小限に抑えられます。また空気層は外壁の結露防止の役割も果たします。

さらに、構造部分とレンガの外壁は約15,000個(壁面積によって異なります)の金具で固定してあります。この金具がレンガの外壁をしっかり引っ張り、倒壊を防ぎます。この工法は、耐震実験で阪神淡路大震災の1.5倍の揺れにも耐えうることが証明されています。

基礎の話

レンガの家は木造躯体(建物の構造体)・空気層・レンガの外壁があるため、一般的な家よりも厚みがあります。なので、基礎もレンガ部分まで支えられる、丈夫なものが必要になります。

ネクストホームでは強度が必要な基礎の端の部分には地中梁を設けるなど、レンガを支えるため十分な配筋を行っています。

■面で支えるベタ基礎

ベタ基礎は、床一面を鉄筋入りのコンクリートで支える基礎です。面で支えるため上からかかる力が分散し、集中荷重がかかりません。

そのため柔らかい土の上でも、傾きを抑えられ基礎が安定します。床下の地面を厚いコンクリートでブロックすることで、耐震性が高い、建物が湿気で腐食しない、シロアリ被害を防げる、などのメリットが生じます。ネクストホームの基礎は、引張りを負担する鉄筋を十分に配置し、レンガの重みを受けるために基礎幅は一般的な住宅の基礎より大きく頑丈にしています。また基礎高さの4割近くは地中に埋設しているので、横揺れに対しても基礎が滑りにくい構造となっています。

弊社では、土地の地盤調査をしっかりした上で、どれだけ荷重を持たせることができるかを判断します。その後、設計段階で第三者機関に判断してもらい、その結果によって設計士が地盤改良をするか、どの基礎にするかを提案します。社内に設計士がいるため、どんなことでもお気軽にご相談ください。