【家づくりの疑問】平屋と二階建て、どっちがいい?

こんにちは、ネクストホームです。

家を建てるとき、「平屋にするか、二階建てにするか」悩みますよね。弊社ではお客様からご相談を受けたとき、以下のような点を踏まえてご回答しています。

 

■土地の制約があるか

まず、土地の広さや向きなどによって、建てられる家の形は決まってきます。接道の位置によって駐車場の場所が決まり、南は空けておく、近くに住宅があったら窓が向かい合せにならないようずらす、というふうに決めていきます。このとき、土地が狭いと2階建てを選んだほうがいいこともあります。

 

■コスト面はどう違う?

坪単価で考えると、屋根と基礎があるぶん、平屋の方が高くなります。平屋の30坪が2階建ての35坪と大体同じです。ただ、2階建ては「階段」という、通路としてだけのスペースが発生します。また、構造上、1階の広さに合わせて間取りを作る部分が発生することもあります。平屋は無駄なスペースをとらないという点はメリットです。生活空間でいえば、平屋の30坪が2階建ての33坪~35坪くらいに相当します。

 

■最終的には平屋に行きつく?

お客様からは、「年を重ねると2階はあまり使わなくなり、1階で生活するようになる」というお話はよく伺います。子どもが巣立っていって2階の子供部屋が使われなくなる、階段がきついので倉庫になっている、などですね。「最終的には、レンガの家は平屋に行きつく」というお客様もいらっしゃいます。

弊社では、20年後の家族構成も勘案してアドバイスをいたしますが、もちろん最終的にはお客様にお任せしています。「2階建ての家に住むのが夢」というお客様もいらっしゃいますし、メリットデメリットを踏まえた上で、お好みで判断してくださいね(^^)

 

アーカイブ
TEL

Copyrights(c) 2020 NEXT HOME.All Rights Reserved