【家づくり入門編①】盲点!土地探しよりも先にやるべきこと

こんにちは、ネクストホームです。

家を建てるとき、「土地探しから始めるか、住宅会社選びから始めるか」悩みどころですよね?

ネクストホームでは、パートナーである住宅会社選びから始めることを推奨しています。

 

■先に土地探しをした場合の問題点

お客様が事前に土地を購入し、弊社に訪ねてこられたとします。実はこのとき、土地を安く買えていたとしても、家を建てる段階で想定外のお金がかかってしまうことがあるのです。

・例1)接道の所有者が別の土地

土地の所有権は買えても、その土地までの道は通行権のみで、所有者は別というケースがあります。その場合、道を修理する権利はなく、道がガタガタになってもずっとそのまま通らなければなりません。

 

・例2)石積みの擁壁に囲まれた土地

土圧を支える擁壁(壁状の構造物)が、安全性が確認できない自然石積みや無筋のブロックなどの場合、高さによっては一定の距離をあけて、家を建てなければならない決まりがあります。その関係で理想的な配置や建坪を取れないため、この擁壁を壊して撤去するお金が必要になるかもしれません。

 

・例3)崖の近くの土地

崖の近くに家を建てたい方も多いのですが、条例で「崖の高さの1.5倍、奥に離して建てる」などと決まっている場合があります。このような決まりを、本来はきちんと説明されるべきですが、それによって生じる内容を把握されていない土地の購入者も少なくありません。建物配置によっては基礎を通常よりかなり深く掘らなければいけない、ということも起こりえます。

 

・例4)水道管が接していない土地

土地が安くても、水道の本管が近くにきていない場合、遠くから引いてくる工事が必要な場合があります。場合によっては数百万の費用がかかってしまうことも……。

このように土地選びには、専門家でないとわからない落とし穴がたくさんあります。購入前なら私たちがアドバイスできますので、安心して土地を選ぶことができると思います。ぜひ土地探しの前に、一度ネクストホームにご相談ください♪

 

 

アーカイブ
TEL

Copyrights(c) 2020 NEXT HOME.All Rights Reserved