MENU

こんにちは、ネクストホームです。今回は、ネクストホームのレンガ住宅の耐震性についてお話しします。

前回は、関東大震災で多くのレンガ建築が崩れたため、一気にレンガ建築が廃れてしまったというお話でしたね。しかし、現代のレンガ住宅はむしろ、他の建築物より地震に強くなっています。

その理由は、レンガ住宅でありながら「ツーバイフォー工法」や「テクノストラクチャー工法」という、耐震性に優れた工法を採用しているから。

昔のレンガ建築は、構造部分をレンガ積みで作り、鉄骨での補強などもしていないものが多かったのです。しかし、ネクストホームのレンガ住宅は、丈夫な木造の構造部分に、レンガの外壁を加えています。構造はまったく別物なのです。

 

熊本地震でも崩れない!

ネクストホームの住宅は、最大震度7の熊本地震でも倒壊しませんでした。全壊はもちろんゼロ、半壊もありません。震源地に近い物件の中には、外壁にあたるレンガのみにひびが入った物件もありますが、原因はすべて把握してフォローできています。

次回は「ツーバイフォー工法」について詳しくご説明します♪

「サステナブルでこだわった生活をしたい!」なら本レンガの家ネクストホームへ
建てた時の感動と外壁が100年先まで続く秘密
スキマ時間で疑問を解決✨
リアルサイズの暮らしを体感!

\インスタやLINEで最新情報をチェック!/

アーカイブ