ベタ基礎と布基礎の違いは?レンガの家は基礎が重要!

こんにちは、ネクストホームです。

今回は、レンガの家の基礎部分のお話です。

レンガの家は木造躯体(建物の構造体)・空気層・レンガの外壁があるため、一般的な家よりも厚みがあります。なので、基礎もレンガ部分まで支えられる、丈夫なものが必要になります。

ネクストホームでは強度が必要な基礎の端の部分には地中梁を設けるなど、レンガを支えるため十分な配筋を行っています。

基礎は一般的に、以下の2つに分かれます。

 

■面で支えるベタ基礎

ベタ基礎は、床一面を鉄筋入りのコンクリートで支える基礎です。面で支えるため上からかかる力が分散し、集中荷重がかかりません。そのため柔らかい土の上でも、傾きを抑えられ基礎が安定します。床下の地面を厚いコンクリートでブロックすることで、耐震性が高い、建物が湿気で腐食しない、シロアリ被害を防げる、などのメリットが生じます。ネクストホームの基礎は、ベタ基礎の縁の部分を地中に堀込み、十分な配筋を行ったものになります。これはレンガの重みを受け止めるだけではなく、横揺れに対して基礎自体が滑りにくくなります。

 

■点で支える布基礎

布基礎は、家の柱や壁の部分に基礎があるため、点で支える構造になります。ベタ基礎よりも鉄筋の本数やコンクリート量が少ないため、コストを抑えやすいのがメリットです。

ネクストホームでは原則採用しておりません。

 

■第三者機関でしっかり判断

弊社では、土地の地盤調査をしっかりした上で、どれだけ荷重を持たせることができるかを判断します。その後、設計段階で第三者機関に判断してもらい、その結果によって設計士が地盤改良をするか、どの基礎にするかを提案します。社内に設計士がいるため、どんなことでもお気軽にご相談くださいね♪

 

アーカイブ
TEL

Copyrights(c) 2020 NEXT HOME.All Rights Reserved