MENU

 

こんにちは、ネクストホームです。

今回は、新築住宅を建てるときの防犯対策をご紹介します。

 

フェンスに隙間をつくる

 

家の周りにフェンスを設ける場合、高さよりも隙間が重要!しっかり隙間を空けて、どの角度からも庭を見られる状態にしましょう。侵入して低くしゃがんでも、隙間から見えるなら、泥棒も入りにくいです。フェンス以外に枕木を立てたりする場合も同様です。

 

死角にはガードをつける

 

 

お風呂の窓など、どうしても死角になるところにはガードをつけましょう。ガードとは面格子などのことです。頑張れば外せるとはいえ、泥棒はガードがついている時点で「時間がかかりそう」と判断し、諦める可能性が高いです。

 

窓の防犯も重要

 

ネクストホームの窓の鍵は、クレセント錠や戸先錠があります。クレセント錠にはバーのところにロックがついていて、サッシにもツメがあり、3重ロックになっているともいえます。戸先錠は、引き手に鍵が内蔵されていて、泥棒に鍵の存在をわかりにくくする防犯効果があります。

 

それだけだと心配なお客様には、防犯ガラスをおすすめしています。窓の中にフィルムが入っているので、割ってもすぐに手が中に入りません。時間稼ぎになりますし、防犯ガラスだとわかると泥棒も手を出しにくいです。さらにシャッターをつけることも可能です^^

「サステナブルでこだわった生活をしたい!」なら本レンガの家ネクストホームへ
建てた時の感動と外壁が100年先まで続く秘密
スキマ時間で疑問を解決✨
リアルサイズの暮らしを体感!

\インスタやLINEで最新情報をチェック!/

アーカイブ