レンガ住宅は「省令準耐火」で火災保険料半額に!

こんにちは、ネクストホームです。

前回は、ネクストホームのレンガ住宅の防火性の高さについてご説明しました。今回は、弊社の多くのレンガ住宅がクリアしている「省令準耐火」についてお話しします。

 

■省令準耐火とは

省令準耐火構造の住宅とは、建築基準法の準耐火構造に準ずる防火性能を持つ構造として、住宅金融支援機構の基準に適合する住宅をいいます。ネクストホームのレンガ住宅は、この省令準耐火構造と同等のT構造仕様になっています。

省令準耐火構造の住宅の特徴は、外部からの延焼防止、各室防火、他室への延焼遅延の対策がとられていることにあります。前回もお話した通り、ツーバイフォー工法住宅はファイヤーストップ構造など、基本性能が自然とこれらの基準を満たしているのです!
 

 

■火災保険料が半額に!

省令準耐火構造の住宅は木造住宅であっても、火災保険料が鉄骨の戸建住宅と同等の金額となります。

保険料は保険対象の所在地・補償内容・建物保険金額・建物の構造等により異なります。たとえば、建物保険金額3000万の住宅を考えた場合に、ある在来工法住宅が10年間で火災保険料826,440万円だったとします。同じ条件で建物の構造が省令準耐火に変わると、保険料は371,270円にまで減額されます。

 

 ネクストホームのレンガ住宅は省令準耐火の基準をクリアしやすい建物です。そのぶん建築コストは高くなりますが、万が一に備え必要な保険料が安くなるのは大きなメリットです♪

アーカイブ
TEL

Copyrights(c) 2020 NEXT HOME.All Rights Reserved